彼氏と浮気相手に復讐したい!効果的な方法と避けたほうがいい方法とは?

自分という存在がいるのに他の女性にうつつを抜かした彼氏。彼女持ちの男性に手を出した浮気相手の女性。

愛する彼氏に浮気されたあなたの悲しみや悔しさを考えれば、何かしらの制裁を下してやりたい、と復讐を決意するのは自然な感情と言えるでしょう。

ですが、たとえあなたの鬱憤が晴れたとしても、彼氏や浮気相手に対して効果がなかったり、逆に復讐をしたあなたがピンチに陥るような事態は避けたいですよね。

今回は、浮気に対する報復として効果的なものと、絶対に避けたほうがいいやり方について解説していきます。

彼氏や浮気相手が堪えるような復讐方法を探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

一番効果的なのは証拠を突きつけること

浮気した彼氏とその相手に復讐するなら、二人の関係について言い逃れできないように証拠を突きつけてしまうのが一番効果的です。

浮気をする人というのは、どこかでバレることはない、気づかれることはない、という思いを抱いているところがあります。

だからこそ、証拠もなしに浮気を問われると、とぼけた回答をする人が多いのです。

証拠がない状態だからこそ、自分の悪事を棚に上げて強気な態度も取れますし、まるで疑った方が悪いと言わんばかりにこちらを責めてくることもできるのです。

ですが、浮気の確かな証拠があれば、知らんぷりすることもこちらを責めることも出来なくなります。

だからこそ、浮気されているのではないかと感じたときは、まずはじっくりと証拠を集めるところからスタートしましょう。

浮気の決定的な証拠となるのは、たとえばLINEやメール、SNSでのやり取りや通話履歴。彼氏が浮気相手と2人きりで、手を繋いだりキスしている、ホテルに出入りしている写真。彼氏のスマホに出会い系アプリが入っている場合は相手探しをしている痕跡など。

それから、たとえば彼氏のクレジットカードの明細や財布の中のレシートの中で、あなた宛ではないプレゼントを購入しているとわかるものがあれば、それも証拠として突きつけられるでしょう。

あるいは少し強硬な手段ではありますが、彼氏が浮気相手と手を繋いで歩いていたり、ホテルに入ろうとしているところを突撃するというのも言い逃れの余地を与えない有効な手段です。

もしこうした浮気の証拠を自分だけでは抑えるのが難しいと感じたら、理解のある友人や探偵などのプロに協力を仰ぐと良いでしょう。

証拠がないうちは釘を刺しておく程度に留めておきましょう

浮気の証拠集め中、もしくはなかなか尻尾を掴めないという場合には、釘を刺す程度に留めておくのが吉です。

あなたの浮気に気づいていると直接的に伝えるのも時には悪くありません。

忠告しておけば、小心者タイプの彼なら特にそうですが、そうでなくても大抵の人は浮気相手ともう会おうとは思わないでしょう。

また、たとえば芸能人の浮気のニュースなどから、浮気なんてすぐバレるのに、と言ってみる。

友だちが浮気されたらしいという話題を持ち出し、あなたは浮気しないよね、自分なら絶対に許さない、慰謝料請求も辞さないと伝えてみる。

あるいは、日頃の感謝を込めた手紙などをしたため、その中に、自分は浮気なんて絶対にしないし、あなたに対して一筋なのだ、と書いておくなど。

上記のように、浮気がバレればどうなるかを相手に想像させたり、あなたが心から彼のことを信頼していることを伝えるのも有効な手です。

一時の気の迷いによる浮気だったり、あなたの罪悪感から、浮気相手と縁を切ってくれることでしょう。

慰謝料の請求も視野に入れる

自分の浮気がバレた時、大抵の人は浮気相手とは連絡を断つなど、縁を切ろうとするものです。

しかし、全く反省せず、別れたふりをして浮気相手との関係を続けてしまう人も残念ながら中にはいます。

あなたとしてはもう2度と浮気相手とは会ってほしくないですし、彼氏はもちろんですが浮気相手にも反省してほしいと考えますよね?

その場合、慰謝料という痛手を2人に負わせるというのもひとつの手です。

ただ、慰謝料を請求するためにはどうしても時間や手間、場合によっては弁護士に依頼する費用もかかってしまいます。

浮気相手にも慰謝料を請求する場合、相手の女性の身元を調べるのも大変なことです。

また、あなたと彼氏との関係性によっては、結婚している夫婦ではないために慰謝料の請求がそもそもできないケースもあります。

慰謝料請求のために必要な条件や、実際に請求する方法については、以下の記事に詳しく書いてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

彼氏を相手に浮気に対する慰謝料を請求することって可能なの?

上記内容をチェックした上で、浮気しないでと言っただけでは聞いてくれそうにない、今の相手でなくてもまた浮気を繰り返しそうだと彼氏に対して感じるのなら、こちらも法的手段に出ることを検討してみてもいいでしょう。

やり過ぎればこちらが不利になるので要注意!浮気の復讐でもやってはいけないこと

浮気の復讐にあたって注意しておきたいことは、何事もやり過ぎない、ということ。

復讐の仕方によっては、本来被害者であるはずのあなたが加害者として不利な状況に陥ってしまうこともあるからです。

たとえば、彼氏や浮気相手に対して怪我を負わせる、精神的に追い詰めるなど、肉体・精神に対して暴力を振るう行為。

彼氏や浮気相手の家族・友人・職場や近所の人、SNS上で浮気について言いふらすなどの名誉毀損行為。

浮気をしたことをバラされたくなければお金を払えと要求するなどの脅迫行為。

上記のような方法を取ってしまえば、彼氏や浮気相手から逆にあなたが訴えられてしまう立場に陥ってしまうこともあります。

浮気をされ、ただでさえ精神的なショックが大きい中で、自分が訴えられるなんてイヤですよね?

あなたはあくまで被害者として、正当な方法で受けたショックを相手に思い知らせてあげましょう。

復讐したいという衝動に身を任せるのではなく、あくまで冷静な行動を心がけてくださいね。

まとめ

今回は、浮気をされた時に彼氏や浮気相手に復讐する際に有効な方法や、反対に避けたほうがいい行動について紹介してきました。

彼氏に対してであれ、浮気相手に対してであれ、復讐を決意した場合、まずは2人が浮気したことを認めざるを得ない証拠を揃えることが大切です。

その上で、相手に対してどう出るか。本記事を参考に、彼氏・浮気相手にきちんと浮気行為を反省させ、2度と2人で会うことがないよう、復讐という行動に移すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA